Travel

【航空会社】チェジュ航空の路線、受託荷物、機内サービスを徹底解説!


今回は、JEJU Air (チェジュ航空)という韓国の格安航空会社(LCC)について紹介します。

出典:https://tinyurl.com/y487gfsq

気軽に渡航できる距離と料金であることに加えて、近年の韓国ブームによって、韓国に旅行する人が多くなっています。

フライト時間も2-3時間と短いので、料金は安く学生さんでも旅行しやすいです。
でも、せっかくならできるかぎり安く抑えたいですよね。

そんな方にチェジュ航空はオススメな航空会社です。
機内食はなく、機内サービスもほとんどありませんが、その分料金は格安です。


JEJU Air(チェジュ航空)とは

JEJU Air(チェジュ航空)とは、韓国最大の格安航空会社(LCC)です。

韓国国内では、大韓航空、アシアナ航空に次ぐ定期航空会社で、同時に韓国国内初の格安航空会社(LCC)でもあります。

つまり、韓国の格安航空会社では一番ポピュラーで、大手ということです。

「チェジュ航空」公式サイト

 

JEJU Air(チェジュ航空)の路線

日本からの利用客も多く、日本全国の空港への路線を結んでいます。
発着場所となっている日本の空港は以下の通りです。

・成田空港(東京都)
・関西空港(大阪府)
・中部空港(愛知県)
・新千歳空港(北海道)
・福岡空港(福岡県)
・那覇空港(沖縄県)

日本以外の国では、中国や台湾、香港、マカオ、ベトナム、タイ、マレーシア、フィリピン、ハワイ、グアムとの路線があります。

東南アジアの人気観光地は一通りチェジュ航空で行くことができます。

 

チェジュ航空の受託手荷物

チェジュ航空は格安航空会社では珍しく、無料で荷物を預けることができます。
その上限は航空券の購入した価格によって異なるので、詳しく話していきます。

運賃大人・小児幼児(2歳未満)
通常運賃20㎏×110㎏×1
割引運賃15㎏×110㎏×1
特別運賃××

すべての荷物で大きさの制限は、3辺の和が203㎝以内に抑えなければなりません。
幼児(2歳未満)の乗客は、ベビーカーかベビーシートかチャイルドシートの内の1つを追加料なしで預けることができます。

格安航空会社にしては制限が緩いので、ほとんどの人はこの範囲内に収めることができると思います。

ただ、もし上記の表より重い荷物を預けたいという場合は以下の表に従ってください。

条件追加料金
重量16-23㎏3,000円/荷物1個
24-32㎏4,000円/荷物1個
個数空港で当日払い4000円/15㎏以内
事前予約2000円/15㎏以内

追加料金を支払って追加できる重量の上限は32㎏、個数の上限は3個までです。

 

チェジュ航空の機内持ち込み荷物

チェジュ航空の機内持ち込み荷物の上限は重量が10㎏以内、大きさが縦55㎝横40㎝高さ20㎝(3辺の和が115㎝)以内と規定されています。

この荷物に加えて以下のリストからもう1つ持ち込むことができます。

・ハンドバック
・機内で読むための新聞、雑誌、本など
・上着もしくはブランケット
・飛行中に使用するベビーフード
・身体障がい者用の車椅子、杖、義足などの補助器具

また機内持ち込み荷物は必ず上限内に収めないといけません。
重量がオーバーしてしまった場合でも、追加料金を支払って許容量を広げることはできないので注意してください。

もし重量オーバーしてしまった場合は受託荷物として預ける必要があります。

免税店で購入した商品は機内に問題なく持ち込めるので安心してくださいね。

 

チェジュ航空の機内サービス

 

機内販売

チェジュ航空では機内食が用意されていないため、軽食やジュースなどが機内販売されています。

ラインナップはカップ麺、インスタントのビビンバやカレーライスと充実してるとは言い難いですが、一応用意しているようです。

もし機内販売を利用したい場合は、現金であれば韓国ウォン日本円、クレジットカードのみの対応となっています。

電子マネーやデビットカードの利用はできないので、注意しましょう。

 

機内食

先程、機内食は提供されないと書きましたが、事前予約すれば用意してくれます。
もちろん有料ではありますが。

事前予約は搭乗日の5日前までにインターネットで行います。

サンドイッチのような軽食から、プルコギのような韓国料理、ステーキのようなガッツリ系のメニューまであるようです。

一度予約してしまうと、メニュー内容の変更やキャンセルおよび返金は不可となっています。

 

座席シート

日本韓国間で利用されるチェジュ航空の機体は小型機が多く、機内のシート列は3-3列となっています。

シートピッチは29インチ(73㎝)と、やはり日本航空(JAL)や全日本空輸(ANA)と比較するとかなり狭いです。
フライト時間が短いので、女の子はそこまで窮屈にはなりませんが、身長が175㎝以上ある方はかなり窮屈だと思います。

 

JEJU Air(チェジュ航空)のまとめ

JEJU Air(チェジュ航空)は、機内食をなくして機内サービスもほとんど行わないことで、料金を安く抑えている航空会社です。

ですが、韓国国内では大手の航空会社でもあるので比較的安心して利用できると思います。

格安航空会社なのでシート座席は狭めではありますが、フライト時間が2-3時間と短いので我慢できます。

とにかく料金を抑えて韓国に行きたいという方にはかなりオススメの航空会社です。

ぜひ利用してみてください。


-Travel
-,

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5