Travel

【日本‐韓国】JIN Air(ジンエアー)の荷物制限、機内サービス


JIN Air(ジンエアー)は韓国と東南アジアを結ぶ航空会社です。

日本の旅行客も多く利用する航空会社だと思います。

今回は日本と韓国を行き来する場合に限定して説明していきます。

トランジットでジンエアーを利用する場合について詳しく書いた記事もあるので、よかったら合わせて読んでみてください。

JIN Air(ジンエアー)のトランジット便、機内食や荷物制限は?


JIN Air(ジンエアー)とは

JIN Air(ジンエアー)は韓国の格安航空会社(LCC)です。

韓国の航空会社の最大手、大韓航空のLCCバージョンなので、機内サービスが充実しています。

日本と韓国との間を複数の路線で結んでおり、日本全国の6か所の空港と繋がっています

さらに東南アジアを中心に世界各国との路線を持っています。

JIN Air(ジンエアー)公式サイトはこちら

JIN Air(ジンエアー)の発着場所

 

ジンエアーが発着する日本の空港は、新千歳空港(北海道)、成田空港(東京)、関西空港(大阪)、福岡空港(福岡)、北九州空港(福岡)、那覇空港(沖縄)の6地点です。

日本全国の空港と繋がっているので、比較的利用しやすい航空会社かと思います。

ジンエアーが利用している韓国の空港は、アジアを代表するハブ空港の仁川空港か釜山空港の2箇所です。

簡単に表にまとめるとこんな感じです。

路線発着
成田空港(東京)仁川空港
新千歳空港(北海道)仁川空港/釜山空港
那覇空港(沖縄)仁川空港/釜山空港
福岡空港(福岡)仁川空港
北九州空港(福岡)仁川空港/釜山空港
関西空港(大阪)仁川空港/釜山空港

 

JIN Air(ジンエアー)の機内サービス

 

ジンエアーでは発着場所によってサービスに若干の違いがあります。

機内販売や飲み物は全ての路線で提供されるサービスです。

この機内販売は現金とクレジットカードのみの対応です。(デビットカードも不可)

現金の場合は韓国ウォンかドル、クレジットカードの場合はVISAかMASTER、AMEXのいづれかを利用してください。

ですが、ケータリング(機内食)は成田空港と新千歳空港、那覇空港からの便でしか行っていないサービスとなっています。

日本のどの空港から韓国に向かったとしても2-3時間のフライトなので、機内食はなくても意外と大丈夫です。

 

JIN Air(ジンエアー)の荷物許容範囲

ここではジンエアーを利用した際の機内持ち込み荷物と受託荷物について書きます。

機内持ち込み荷物

日本韓国間での渡航では、機内に持ち込める荷物の上限が10㎏以下が1個です。

さらに大きさにも上限があります。

荷物の大きさが横40㎝、縦20㎝、高さ55㎝までで3辺の合計が115㎝を超えてはいけません

大きめのリュックサックがちょうどいいサイズです。

さらに追加でノートパソコン、書類鞄、ハンドバッグの内から1つ選ぶことができます。

受託荷物

格安航空会社は無料受託荷物がそもそも用意されておらず、追加料金を支払う場合も多いのですが、ジンエアーは15㎏まで無料で預けることができます。

3辺の長さが203㎝を超えてはいけません。

重量がオーバーしてしまった場合は1㎏あたり10000ウォン(約1000円)追加で支払いましょう。

インターネットで事前に予約しておくと5㎏あたり35000ウォン(約3500円)です。

事前に大幅な重量オーバーが確定している場合はインターネットで予約しておくことをオススメします。

 

まとめ

 

JIN Air(ジンエアー)で韓国旅行を考えている方は、この記事を参考にしていただけると嬉しいです。

ジンエアーは大韓航空のLCCバージョンの航空会社ということもあり、サービスが充実しており、受託手荷物の制限が広いのが特徴です。

格安航空会社なので、もちろん料金も安くすみます。

韓国へ旅行の際はぜひ利用してみてください。

 


-Travel
-

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5