Cooking

栄養満点ダイエットや作り置きにもオススメ”ミネストローネ”のレシピ


今回はミネストローネのレシピを紹介します。

ミネストローネは材料を切って煮込むだけの簡単料理で、野菜がたっぷり入るので栄養満点、満腹感を得られてダイエット効果も期待できる、かなりオススメメニューなんです。

さらに作り置きもできて、アレンジも無限大。

いいこと尽くしでとっても美味しいミネストローネを作ってみませんか?


ミネストローネの良いところ

定番を覚えよう。イタリアンの代表的なメニューとワインの合わせ方 | Winomy-ワイノミ- ワイン持ち込みOKのお店が探せるグルメサイト

引用:https://www.google.com/url?sa=i&url=https%3A%2F%2Fwww.winomy.jp%2Fblog%2Fcolumn%2F26285%2F&psig=AOvVaw2f_UfM4Fbki8ABk5kHWPW5&ust=1624712920734000&source=images&cd=vfe&ved=0CAoQjRxqFwoTCPDqrZ7tsvECFQAAAAAdAAAAABAD

まずは冒頭で少し紹介しましたが、ミネストローネの良さをお教えします。

野菜がたっぷりとれる

今回紹介するレシピでは野菜をトマト、タマネギ、にんじん、キャベツ、ナスの5種類使っていますが、それ以外にもセロリやズッキーニ、パプリカ、ジャガイモを入れても美味しいです。

冷蔵庫に余っている野菜を入れてもいいです。

このミネストローネ1品食べるだけでたくさん野菜を取ることができます。

栄養満点

野菜がたくさん摂取できるということは、栄養もたくさん摂取できるということです。

不足しがちなビタミン類を一気に摂取することができちゃいます。

ダイエット効果が期待できる

ミネストローネはダイエットメニューとしても優秀です。

具だくさんのスープにすれば満足感を得ることができます。

ジャガイモなどのイモ類を入れると、腹持ちが良いので満腹感を持続させることもできます。

作り置きできる

ミネストローネは作り置きもできちゃいます

1人暮らしの方も大きめの鍋にミネストローネを作っておいて、その日食べる分だけ温めればいつでも好きな時に食べることができます。

今回紹介するレシピは6-8杯分あるので、1日1食食べても1週間食べられますよ。

冷めても美味しい

このミネストローネは冷めても美味しいところも魅力の1つです。

夏の暑い時期は温めずに冷製スープとして食べても美味しく食べられます。

温めるのが面倒なときでも安心です。

アレンジが無限大

冷製スープとして食べても美味しいと言いましたが、それだけではありません。

具を多めにとってパスタにかければ、トマトソースパスタになります。

ニョッキとの相性も抜群です。

お米と混ぜて煮込めばリゾットになります。

お米に具を多めにのせて、上にチーズをトッピングすればドリアの完成です。

カレー粉を混ぜて煮込めば、トマト風味のカレーに大変身します。

市販のピザ生地やパンの上に載せれば、ピザソースの代わりにだってなっちゃいます。

こんな感じでアレンジできるので、飽きることもありません。

ミネストローネの材料

ミネストローネの材料

今回は6-8人分のミネストローネを作りました。

トマト缶     1個(400g)
タマネギ     1個
にんじん     1本
キャベツ     3-4枚
ナス       1本
ベーコン     100g
コンソメ     2キューブ
ケチャップ    大さじ1
オリーブオイル  適量
塩        少々
コショウ     少々
水        700㎖

トマトケチャップを少し加えることで、甘味を付け足すことができ、味に深みが出ます。

ベーコンはダシが出るので、入れた方が美味しいですが、ダイエット目的の方は鶏肉に変更しても問題ありません。

ミネストローネのレシピ

今回は詳しくレシピを書きますが、基本的には具材を切って煮込むだけなので、工程を踏むのが面倒という方は、すべての材料を鍋に入れて蓋をして1時間以上煮込めば完成です。

野菜を切る

野菜を切る

野菜は小さめに切るのがオススメです。

小さくすることで煮込む時間が短縮できますし、温めるときの時短にもなります。

目安としては、

タマネギ 1㎝角
にんじん 1㎝角
キャベツ 3㎝角
ナス   縦1/4カット、幅5㎜ です。

炒め始める前にすべての材料を切っておくとスムーズですよ。

具材を炒める

具材を炒める

大きめの鍋にオリーブオイルをひき、具材を炒めます。

すべて一気に入れてもいいのですが、時間にゆとりのある方は順番を守るとより美味しく作ることができます。

まずは、ベーコンに軽く焼き目が付くまで炒めます。

続いてにんじん、タマネギ、ナスの順に加え、オリーブオイルがまんべんなく行き渡るまで炒めましょう。

ここまでは中火にしてください。

野菜から少し水分が抜けたタイミングでキャベツを上に乗せた状態で蓋をします。

キャベツを入れるタイミングで弱火に切り替えます。

具材を炒める

15分程蒸し焼きにし、そのあとキャベツを混ぜてください。

ここで塩をひとつまみ加え、もう一度蓋をして15分蒸し焼きにします。

塩を入れると、野菜から水分がたっぷりと出てくるので早くしなしなになります。

火力は弱火ままにしてください。

うま味を出す

うま味を出す

しなしなになってきた野菜に水を300㎖加え、20分間煮込みましょう。

このときの火力はとろ火で十分です。

20分後には野菜のエキスがかなりでてきて、透明な水が黄色っぽく濁ってきます。

トマト缶を入れる

トマト缶を加える

くたくたになった野菜の中にトマト缶を入れます。

カットトマト缶の場合は混ぜるだけで大丈夫ですが、ホールトマト缶の場合はここでほぐしましょう。

トマトがほぐれたら残しておいた水を400㎖加え、よく混ぜてください。

味付け

味付け

あとは味付けをして30分間煮込めば完成です。

味付けはコンソメ、ケチャップ、塩、コショウで行います。

まずはコンソメ2キューブとケチャップ大さじ1を加えて全体に行きわたらせます。

あとは塩とコショウで自分の好みの味になるまで調整してください。

味付け後に、30分間とろ火で煮込めば完成です。

ミネストローネまとめ

今回はミネストローネのレシピを紹介すると同時に、ミネストローネの良いところをお伝えしました。

栄養満点でダイエットメニューにもピッタリ、作り置きもできてアレンジも無限大。

そんなミネストローネをぜひ作ってみてください。


-Cooking
-, , ,

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5