Travel

【バンクーバー留学】1ヶ月あたりの生活費とその内訳


バンクーバー留学の生活費はいくら必要なのか…

 

留学は授業費や航空券代など費用がかさみますよね。

その上、現地で生活するためのお金も必要になってきます。

なので今回は1か月あたりにどれくらいのお金が必要なのか記事にしようと思います。

 


バンクーバー留学の生活費

 

バンクーバーだけでなく、留学先での生活費は主に、交通費、食費、日用品費、雑費の4項目に分類されます。

 

1か月あたりの交通費

 

バンクーバーでの交通手段はスカイトレインかバスが主要手段になります。

中でもバスはバンクーバー中に路線が張り巡らされているので、生活するときは使いこなすと便利です。

そんなとき、Compass Cardという、日本の定期を購入しておくとスムーズに改札を通ることができます。

なので、バンクーバーに到着してすぐCompass Cardは買っておきましょう。

Compass Cardは最もオーソドックスな1ゾーンで購入した場合はC$98(約7840円)です。

このCompass Cardの仕組みをわかりやすく解説しているサイトがあったので、合わせて読むことをオススメします。

詳しいCompass Cardの仕組みはこちらから

 

1ヶ月あたりの食費

 

バンクーバーに留学する場合、ほとんどの人がホームステイをすると思います。

【カナダ留学】ホームステイとホストファミリーついて

ホームステイの食事を3食付きにするか2食付きにするかによっても、食費は変わってきます。

今回は3食付きとします。

この場合は基本的に食費は必要ありません。

ですが、現地でできた友達とご飯に行ったりすることもあるので、その分の食費は追加で必要になってきます。

バンクーバーで外食をしようとすると、日本よりも高額になる場合がほとんどです。

おおよそランチは1食C$20(約1600円)、ディナーは1食C$30(約2400円)します。

1週間に1回ずつランチとディナーを外食ですませたと仮定すると、

C$20(約1600円)× 4 =C$80(約6400円)
C$30(約2400円)× 4 =C$120(約9600円)

合計でC$200(約16,000円)となります。

 

1か月あたりの日用品費

 

お風呂グッズ

まずは水回りのシャンプー、リンス、コンディショナー、ボディーソープは必需品ですよね。

日本から持っていく人もいますが、全部持っていくとなると重量も体積もかなり増えてしまうので、現地で購入するのがオススメです。

私達にも馴染みのある、DaveやEssentialなども薬局などに置いてあります。

バンクーバーの薬局は頻繁にセールをやっているので、シャンプーやリンスがとても安く手に入ります。

セール時に購入すれば、300㎖程度の容量のものがC$3(約240円)程度で購入できます。

シャンプー、リンス、コンディショナー、ボディーソープ全て揃えても、C$12(約960円)です。

 

また、Dollaramaというカナダの100均みたいなお店で買えば、旅行用サイズがC$1(約80円)で購入できるます。

短期間しか滞在しない場合は、旅行用サイズもオススメですが、種類は少ないのです。

【留学を悩んでる人へ】短期間&短時間授業留学のすすめ

シャンプーなどにこだわりがある人はやはり薬局で購入するのが良いと思います。

 

コインランドリー

ホームステイ先で洗濯機を使わせてもらえないという話もたまに聞きます。

そもそも洗濯機を置いていない家も多いようです。

その場合はコインランドリーを利用するのですが、1回の洗濯あたり洗濯機と乾燥機でC$3(約240円)程度必要になります。

1週間に2回コインランドリーを利用すると仮定して、1ヶ月あたりだと8回利用することになります。

合計するとC$3(約240円)× 8回 = C$24(約1920円)です。

 

 

1ヶ月あたりの雑費

 

メイク用品

メイク用品の追加購入は、短期留学の人には必要ないかもしれませんが、長期留学の人は必須になると思います。

特に化粧水や乳液などの基礎化粧品、メイク落としは減りが早いので、購入する機会も多いです。

化粧品はランクによって価格も全く違いますが、薬局で購入する場合は日本よりも安く手に入ります。

 

文具

文具は基本的に日本のものの方が質が良いのでから持参することをオススメします。

ただ、長期留学でなくなってしまった場合は買い足さなけれまなりません。

文具も化粧品と同様にバンクーバーで購入した方が安く手に入れることができます。

質の良い文具が欲しい人は、グランビルアイランド内の「Paper-ya」というお店に行くと、日本の文具も販売しているので行ってみてください。

【カナダ旅行】グランビルアイランドを徹底解説!!

 

まとめ

 

これまでに紹介したバンクーバー留学での1ヶ月あたりの生活費のすべての費用を合わせると、

交通費  C$98(約7,840円)
食費   C$200(約16,000円)
日用品費 C$36(約2,880円)
雑費   C$20(約1,600円)


合計   C$354(約28,320円)

あくまで家庭の計算であり、人によって外食の回数や必要な日用品は違ってくるので、誤差はあります。

なので、1例として参考にしてもらえると嬉しいです。


-Travel
-, ,

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5