Travel

【留学を悩んでる人へ】短期間&短時間授業留学のすすめ


 

”留学”と聞くと、

「費用が高くて心配…」
「英語が話せるようになるか心配…」
「良い人間関係が築けるか心配…」

など様々な心配が思い浮かぶんじゃないかなと思います。

今回は、「留学に興味があるけど、不安だし決断できていない…」そんな風に思っている人に”オススメの方法”があるので、紹介します。

 

それは…

ずばり短期間&短時間授業留学です!!

短期留学に行っている人はよくいるけど、短時間授業ってあまり認知されていないと思います。

一言に留学といっても、いろんな形態があります。

短期か長期、語学留学かワーキングホリデー、寮かホームステイ、集団授業か個人授業…など。

こんな感じで、授業形態も「朝から夜まで」「朝から夕方まで」「午前だけ」「午後だけ」と様々です。

選択する語学学校によって区切り方は変わってきますが、私がオススメするのは「午前だけ」です。

実際に私が通ったのはILSCバンクーバー校なので、そこを例にして説明していきます。

「ILSCバンクーバー校」の公式サイトはこちら


留学費用が安い

 

期間も1か月、しかも午前授業のみなので、費用が抑えられます。

留学は1週間単位で期間を決められるので、さらに短くすることも可能です。
そうすることでより費用を抑えることができます。

これは短期間&短時間留学のかなり大きなメリットだと思います。

私は1ヶ月、午前授業のみ、ホームステイ3食付きという条件でカナダ留学しましたが、語学学校代(授業+教科書など)とホームステイ代を合わせて約18万円でした。

航空券は乗り継ぎ便で行ったので、安く抑えられて往復で約10万円でした。
(直行便でピーク期間に行くと20万円くらいになることも)

大学のシステムを利用して同じ時期に同じ期間のカナダ留学をした知人は、50万円近くかかっていました。

そう考えるとかなり安価だと思います。

 

語学学校やホームステイなど留学全体の雰囲気がわかる

 

留学って、未知の部分が多くて、加えて助けも求められるかわからないから不安じゃないですか?

そう思うなら、行ってみればいいんです。

自分にとっては留学体験期間だと思って行ってみることが重要です。

「語学学校の授業がどんな風に進んでいくのか」
「ホームステイはどんな雰囲気なのか」
「留学には何を持っていくと便利なのか」

短い期間でもいろいろなことがわかります。

ホームステイについて詳しく書いた記事もあるので、合わせて読んでみてください。

【カナダ留学】ホームステイとホストファミリーついて

 

もし長期留学を検討しているなら、留学の雰囲気を掴んでおくと気が楽になります。

 

海外の友達を作れる

 

留学は海外の人達と交友関係を広げることができるチャンスです。

語学学校ではもちろん、ホームステイ先での同居人であったり、カフェやレストランで知り合った人など、出会い方は様々ですが出会うチャンスはたくさん訪れます。

海外に友達がいると、休日に一緒に遊びに行くこともできますし、留学が終わって友達の国に旅行に行く機会があったら案内してもらったり、その逆も然りです。

さらにいろんな国の文化の違いや考え方を知ることができるので、自分の視野を広げる機会にもなります。

留学の目的でもある、英語の上達にも繋がります。

私も実際に、韓国から来た子やスイスから来た子、メキシコかた来た子などいろんな国の人達と友達になって今でも連絡しています。

良いことだらけなので、海外に行った際は積極的に友達を作りましょう。

 

留学中、たくさんある空き時間を観光に使える

 

普通に留学すると、土日と夜くらいしか自分の時間がありません。

その上、宿題もこなさなければならないので、意外と忙しいです。

でも私のように短期間&短時間の留学にすることで、土日休みに加えて平日も午後から自由です。

この自由時間でいろんなことに挑戦してみてください。

留学は、そこにいるだけで英語の勉強になります。

自分が英語で話すのはもちろんですが、聞こえてくる声もほとんどが英語です。

短い期間で良い経験にできるかは、この自由時間の活用方法で変わってきます!!!

映画館に行ってみたり、カフェでのんびりしてみたり、観光地に行ってみたり、古着屋さんに入ってみたり、何をしてもワクワクできると思います。

留学中に訪れると良い観光地の記事も載せておきますね。
【カナダ旅行】グランビルアイランドを徹底解説!!

雨の日は家に帰って、ホストファミリーと一緒にご飯を作ったりテレビを見ながら話すのもとっても貴重で楽しい時間です。

とにかく、日本でできない経験をたくさんして、楽しみましょう♪

 

良い意味でも悪い意味でも短期間の留学

 

「お試し留学のつもりだったけど、すごくつまらなかった。」

こう思う人もいると思います。でもそれはそれでいいんです。

嫌だったかもしれないけど、それは経験しないとわからないです。

むしろこの短期間&短時間留学はそれを知るために行くのですから。

反対に「もっと長い期間滞在したかった」「もう一回留学したい」という気持ちになった人は、長期留学を考えてみるのが良いと思います。

また、「こうすればよかったな…」と心残りができた人は、もう一度行ってみてもいいのです。

 

あくまで体験期間。そう思っていることが肝心です。

留学の一部を経験してどう感じたのか。その気持ちで本番の留学について考えてみるという手段もあります。

 

 

まとめ

 

未知で不安だらけの留学を、短期間&短時間授業留学することで少しハードルが下がると思います。

とりあえず行ってみる。これが重要です。

一度体験してみてから、もう一度考えてもいいのではないでしょうか。


-Travel
-,

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5