Girl

【ネイル初心者向け】誰でもできる、簡単セルフネイルのアイデア


この記事で紹介するネイルの完成形はこれです。

セルフネイル

ちなみにセルフネイルで特別な道具は何一つ使っていません。

不器用な人でも比較的簡単にできちゃいます。

これから詳しく説明します。


用意するもの

・ネイル3色(2色でもできます)
・爪楊枝 数本
・ラップ(ネイル液を出すもの、アルミホイルでもOK)

 

ネイル以外はどの家にもあると思います。

今回私が使用したネイルはこちらです。

ネイル 100均

実はどれもダイソーで購入したものなので、全部合わせてもたったの300円です。

「GENEネイル」というシリーズのダークグレー、オリーブ、シルバーカラーの3色を使いました。

色選びに悩む方はこちらの記事を参考にしてください。

【ネイル初心者向け】ネイルの色選びに困ったら…これで解決!!

 

配置

 

必要なものが揃ったら配置を決めます。

私がネイルの配置を決めるうえで重要だと思うことは、

アシンメトリーにする、つまり左右対称にしないことです!!!

左右の手で比較した場合でも、片方の手の中指を中心にした場合でも絶対に左右対称にはしません。

これだけでもいいのですが、色の配分を気にするとさらに綺麗に見えます。

3色を均等に使うよりもアンバランスな方がポイントのカラーがはっきりします。

今回は、シルバー:グレー:オリーブ=3:1:1くらいで、メインカラーがシルバー、アクセントカラーがオリーブです。

 

塗り方

 

配置が決まったら、いよいよ塗る工程に入っていきます。

ベースカラーを塗る

全ての指にベースとなるカラーを塗ります。

2度塗りする場合もありますが、今回は柄が多いのでごまかせちゃうので1度塗りで十分です♪

クオリティを求める場合は2度塗りした方が綺麗に見えます。

また、使用する色がパステルの場合も2度塗りした方が発色が良くなると思います。

柄の準備

ベースのネイルを乾かすついでに柄を塗る準備をします。

用意したラップに各カラーを2適くらい出しておきます。

この作業が終わるころには表面が乾いてきているので、柄入れ作業に入ります。

 

柄を作る

今回のデザインは、ドットとお花の2種類です。

ドットはとっても簡単!

私の場合は親指がドットになっています。

爪楊枝の尖っている側じゃなくて持ち手側に、あらかじめラップに出しておいた色を付けて等間隔にポンポン置いてくだけ!!

(別に等間隔じゃなくてもちゃんとしてるように見えますよ。)

次はお花ですね。

これはドットの応用です。

ネイル 手順

見づらいですが、この手順でできます。

まず、同じ色で4つの点を作ります。

表面が乾いたら中央に異なる色を1点置くだけです。

このとき、中央の色とベースカラーを同じにすると色がごちゃごちゃしないで、統一感が出ます。

 

オシャレに見えるコツ

まず、完成したネイルの写真を見てください。

メインカラーにシルバーを使ったので、リングもシルバーにしました。

アクセサリーと色味を合わせると◎

つまり、ゴールドのアクセサリーを多く持っている人は、ネイルの一部にゴールドを使うとオシャレに見えます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

凝って見えるわりには簡単ですよね?

専門的な道具も必要ありませんし、ジェルネイルでもないのですぐ落とせます。

土日にオシャレしたい学生の方にはぴったりです!!

色味を変えればどなたでも似合うデザインなので、ぜひ挑戦してみてください。


-Girl
-

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5