Cooking

HMで作る「お好み焼き」のレシピ、お好み焼きを作るコツも紹介!


ホットケーキミックス(HM)を使ったお好み焼きのレシピを紹介します!

HMお好み焼き

お好み焼きの材料は小麦粉がメインになります。
HMの原料は、小麦粉・砂糖・ベーキングパウダーであり、その大部分は小麦粉です。
さらにHMに含まれるベーキングパウダーのおかげで簡単にふわふわのお好み焼きを作ることができます!

HMを常備しているという家庭も多いと思うので、みなさんに作っていただけるレシピです。

HMを使ったら甘くならないの?
girl
an
ほんのり甘味は感じますが、ソースとマヨネーズの味が濃いので全く気になりませんよ♪


HMお好み焼きの材料

今回は、一般的なホットケーキミックス(HM)1袋分200gに合わせた分量です。
HM1袋でお好み焼きは2枚分です。

<HMお好み焼きの材料>
・ホットケーキミックス・・・1袋(200g)
・キャベツ・・・・・・・・・8分の1玉
・豚バラ肉・・・・・・・・・3枚
・鶏がらスープの素・・・・・大さじ2
・水・・・・・・・・・・・・200㎖
・卵(Mサイズ)・・・・・・2個
・天かす・・・・・・・・・・大さじ2
・チーズ(お好みで)

<トッピング>
・お好み焼きソース
・マヨネーズ
・青のり
・かつお節

冷凍保存も可能なので、2枚焼いて1枚は保存しておくと、次に食べるときにレンジで温めるだけで食べられるので便利です。
違う料理が食べたいという方は、HMの簡単アレンジレシピのリンクを貼っておくので、参考にしてみてください。

 

HMお好み焼きのレシピ

キャベツをみじん切りに

まずはキャベツをみじん切りにします。
多少大きいキャベツが混じっていても、食感に差が出で美味しいです。
神経質にならずに、ある程度までみじん切りにできたらOKです。

豚バラ肉を焼く

お好み焼きを焼くときに豚肉を生のまま、生地と一緒に焼く方もいらっしゃると思いますが、別で焼いておいた方が美味しいです。

豚バラ肉は一口大にカットします。
油を引いていないフライパンで、焼き目が付くくらい焼きましょう。
火力は中火にしてください。

HMお好み焼きの生地作り

ボウルに豚バラ肉以外の全ての材料を入れます。
ここで使うボウルは材料が入るギリギリのサイズのボウルを選ぶというのが美味しいお好み焼きを作るコツです。
理由は、生地を混ぜすぎると小麦粉がグルテンという物質を作り、お好み焼きの仕上がりがベチャっとした食感になってしまうからです。
反対に混ぜすぎないことで、ふわふわ食感のお好み焼きを作ることができます。
あえて混ぜにくい小さめのボウルを使うことで、混ぜすぎを防ぐ作戦です。

お好み焼きの生地を焼く

いよいよ焼いていきます。
火力は中火よりの弱火に設定してください。
まずは、生地を4分の3程度フライパンに流しましょう。

HMお好み焼き 焼き

この上にチーズをお好みで入れて、残しておいたお好み焼きの生地でチーズを覆ってください。
その上に、あらかじめ焼いておいた豚バラ肉を載せます。

HMお好み焼き 焼き

この状態で5分間焼きます。
外側の生地をフライ返しで内側に寄せると、高さのあるお好み焼きになるのでオススメです。
5分経過したところで、思い切ってひっくり返してください。

その後は弱火に変えて、フタをした状態で5分間焼きます。
焼けているかのチェックは2通りあります。
①上から軽く押さえて弾力があるか
②中央に穴をあけて確認

①をやってある程度の硬さがあれば問題ありませんが、心配な場合は②で確認してください。
これらのチェック方法で焼き具合の見極めるのも、お好み焼きを美味しく作るコツの1つです。

トッピング

あとはトッピングです。
表面にお好み焼きソースをまんべんなく塗り広げ、マヨネーズ、青のり、かつお節の順でトッピングするのがオススメです。

HMお好み焼き

こんな感じにマヨネーズを使ってオシャレな柄を作ることもできます♪

お好み焼きの中にキムチやベーコンを入れると、アクセントになって美味しいのでオススメです。

 

HMお好み焼きまとめ

HMお好み焼きの良いところは、

①簡単にふわふわなお好み焼きが作れる
②分量を量らなくてもいい
この2点です。

実際に食べてもお好みソースとマヨネーズの濃いめの味付けで、HMの甘さが全く気になりません。

HMが余っている方や、ホットケーキの味に飽きてしまった方はぜひ作ってみてください。

 


-Cooking

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5