Cooking

初心者でも簡単すぎる"絶品レアチーズケーキ"のレシピ


今回はビックリするほど簡単なレアチーズケーキのレシピを紹介します。

簡単すぎてお菓子作り初心者さんでもすぐに作れちゃいます。

用意する材料も少なく、混ぜて冷やすだけでできてしまいます。


簡単すぎるレアチーズケーキの材料

簡単すぎるレアチーズケーキの材料

今回は4人分の分量を表示しています。

・クリームチーズ    200g
・グラニュー糖     大さじ2
・ヨーグルト      200g
・レモン(レモン汁)  1個(大さじ2)
・ゼラチン       小さじ1

簡単すぎるレアチーズケーキのレシピ

下準備

まずは下準備としてヨーグルトの水切りレモン搾りを行います。

下準備のヨーグルトの水切り

まずはヨーグルトの水切りです。

水切りすると、チーズケーキが水っぽくなるのを防ぎ、濃厚な仕上がりに

細かめの目のザルにキッチンペーパーを2枚のせ、ザルの中に200gのヨーグルトをすべて入れます。

ザルを斜めに傾けておくと速く水が切れる気がします。

チーズケーキを作り始める2時間前くらいに用意しておくとちょうどいいです。
時間がないときは30分くらいやるだけでも全く違います。

ヨーグルトを冷蔵庫から取り出すときにクリームチーズも出しておいて、常温に戻しておくとすぐに作業に取り掛かれるのでオススメです。

下準備のレモン搾り

レモン搾りはレアチーズケーキを作る直前で大丈夫です。

今回はお庭で育てているレモンが収穫できたので、そのレモンを使いました。

市販のレモンでもいいですし、レモン汁を使っても大丈夫です。

生レモンを使うと香りがすごく良いのでオススメです。

クリームチーズに材料を合わせる

クリームチーズに材料を合わせる

まずはクリームチーズをボウルで柔らかくしておき、そこにグラニュー糖を加えます。

グラニュー糖を使うことで粒子がクリームチーズをさらに柔らかくしてくれます。

そこに水切りしておいたヨーグルトを加えます。

その後レモン汁とふやかしておいたゼラチンを加えます。

全体が均一になるようによく混ぜ、これでレアチーズケーキの生地の完成です。

ヨーグルトの水分を減らしておいたおかげで、レモン汁やゼラチンの水分が入ってももったりと重い液体を維持することができます。

冷やす

あとはレアチーズケーキの生地を容器に移し、冷蔵庫で冷やし固めるのみです。

今回は固まるぎりぎりのゼラチン量なので、固まる速度が遅いです。

最低でも6時間は冷蔵庫で冷却し続け、その間は極力冷蔵庫の扉の開閉を我慢しましょう。

簡単すぎるレアチーズケーキの完成

簡単すぎるレアチーズケーキ完成

今回は容器の側面にキウイを並べ、レアチーズケーキの上にブルーベリーとミントをのせてみました。

色鮮やかで見た目も美味しい、写真映えするレアチーズケーキになりました。

チーズケーキも酸味が強いので、少し酸味が感じられるフルーツとの相性がいいと思います。

レアチーズケーキ自体もレア感とチーズ感が強く、さっぱりといくらでも食べられるような味です。

本当に簡単なのに、びっくりするほど美味しく、お店のチーズケーキよりも自分で作るこのチーズケーキの方がお気に入りです。

 

このレシピにタルトを合わせたレアチーズタルトのレシピも紹介しています。

焼かない!ゼラチンで簡単に作る”レアチーズケーキタルト”のレシピ

材料4つ、アーモンドプードルなし「基本のタルト生地」のレシピ

 

簡単すぎるレアチーズケーキまとめ

今回は簡単すぎるレアチーズケーキのレシピを紹介しました。

ポイントはヨーグルトの水切りだと思います。

初めにヨーグルトの水切りだけ用意しておいて、あとは材料を合わせて冷やすのみなので誰でもできる簡単レシピかなと思います。

お菓子作り初心者はもちろん、チーズケーキ好きさんや甘さ控えめなスイーツが好きな方にはすごくオススメです。

ぜひ作ってみてください。


-Cooking
-, , ,

© 2022 AN’s Diary Powered by AFFINGER5