Cooking

材料はチョコと牛乳の2つだけ!ゼラチンなしチョコムースの作り方


タイトルにある通り、チョコレートと牛乳だけを使って「ゼラチンなしチョコムース」を作ります。

ゼラチンや生クリームも必要ありません。

電子レンジやオーブンも使わずに、冷やして固めるだけでできます。

チョコムース

材料や作り方はシンプルなのに、出来上がりはこんな感じで意外とちゃんとしたチョコムースになります。

チョコの味もしっかり感じられる、トロっとしたチョコムースです。


「ゼラチンなしチョコムース」の材料

「ゼラチンなしチョコムース」に必要な材料はチョコレート牛乳の2つだけです!!

チョコムースでよく使われる生クリームやゼラチンも不使用です。

どれも安くどこにでも売っている材料なので、手に入れやすいと思います。

ここで使うチョコレートはカカオ含有率が高い、ブラックチョコを選択しましょう。

牛乳を、お湯や生クリームなど違う材料で作ったチョコムースも作ったので見てみてください。

材料はチョコとお湯の2つだけ!「超簡単なチョコムース」の作り方

材料はチョコと生クリームの2つだけ!「簡単なチョコムース」の作り方

2つの材料費ですが、チョコレート:牛乳=1(g):1(㏄)と、覚えやすいです。

一般的な板チョコ1枚分の重さは50gなので、板チョコ1枚でチョコムースを作る場合の牛乳は50㏄です。

またこの分量では1人分のチョコムースができあがります。

「ゼラチンなしチョコムース」に必要な道具

「ゼラチンなしチョコムース」に必要な道具は、

・ボウル      2つ
・ゴムベラ     1つ
・泡だて器     1つ
・鍋        1つ
・盛り付けの容器  1つ

たったこれだけです。

「ゼラチンなしチョコムース」の作り方

②チョコレートを湯煎する

まずは湯煎用に鍋でお湯を沸かし、沸騰したら火を止めます。ここで、1つのボウルにチョコレートを割り入れましょう。割ったチョコレートを入れたボウルをお湯に浸して湯煎します。

割った板チョコ

①牛乳を温める

湯煎して溶けたチョコレートが入ったボウルに牛乳を追加し、そのボウルをお湯に浸して温めましょう。温めたままチョコレートと牛乳が完全に混ざるまでゴムベラで混ぜ続けてください。

チョコレートと牛乳

③チョコレートと牛乳をさらに混ぜる

チョコレートと牛乳が完全に混ざったところで、ボウルをお湯から離します。ここでもう1つのボウルに氷水を作っておきましょう。牛乳とチョコレートが入ったボウルを氷水に浸しながら、泡だて器で混ぜます。サラサラだったものが徐々にトロみが付いてきて、トロトロになったら完了です。

チョコムース

④冷蔵庫で冷やす

できあがったチョコムースを容器に移して、冷蔵庫で冷やします。1時間程で完全に固まります。

チョコムース

完成したチョコムースはこんな感じです。

緩めのトロっとしたチョコムースになります。

ゼラチンなしチョコムースまとめ

チョコレートと牛乳というシンプルな材料で、また簡単な作り方でこんなに素敵なチョコムースができちゃいます。

さらにゼラチンや生クリームも必要ありません。

ちょっとした空き時間でも作れますし、容器に入れてしまえばあとは冷蔵庫に放置するだけです。

小腹が空いたときなどのおやつにもピッタリなので、ぜひ作ってみてください。


-Cooking
-

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5