Cooking

材料はチョコと生クリームの2つだけ!「簡単なチョコムース」の作り方


 

今回は、チョコレートと生クリームの2つの材料だけを使って、簡単にチョコムースを作ります。

材料と作り方はとってもシンプルで簡単。

生クリームはチョコレートの倍の量を使用しているので、クリーミーでなめらかで軽い口当たりになります。

 

 


「簡単なチョコムース」の材料

 

「簡単なチョコムース」の材料はチョコレート生クリームだけです!!

この2つの比率は、チョコレート:生クリーム=1(g):2(cc)です。

この生クリームの内、半分はそのまま、もう半分は泡立てて使います。

このレシピで使うチョコレートには、ブラックチョコを選んでください。

今回は、一般的に販売されている板チョコ1枚の量である50gを基準に作るので、生クリームは100㏄用意しましょう。

この分量では2人分のチョコムースができます。

スーパーで売っている生クリームは内容量が200㏄の商品が多いので、生クリームを全て使い切りたい場合は、倍量で作りましょう。

また、2人分だけを作ろうと思っている方は、余った生クリームをトッピングに使うのもオススメです。

材料の生クリームを違う材料で作ったレシピも書いたので、合わせて読んでみてください。

材料はチョコとお湯の2つだけ!「超簡単なチョコムース」の作り方

材料はチョコと牛乳の2つだけ!「超簡単なチョコムース」の作り方

「簡単なチョコムース」に必要な道具

 

「簡単なチョコムース」に必要な道具は、

・ボウル      3つ
・ゴムベラ     1つ
・泡だて器     1つ
・鍋        1つ
・盛り付けの容器  2つ  です。

 

「簡単なチョコムース」の作り方

 

①チョコレートを湯煎する

まずは湯煎用のお湯を鍋に沸かし、沸騰したら火を止めておきましょう。このとき板チョコを細かく割って、ボウルに入れておきます。そのボウルを鍋のお湯に浸しながら、チョコレートが完全に溶けるまでゴムベラでゆっくり混ぜます。

割った板チョコ

チョコムース 湯煎

 

②チョコレートと生クリームを混ぜる

柔らかい状態のチョコレートに、生クリームを数回に分けて加えます。このとき、生クリームの温度でチョコレートが固まってきてしまった場合、もう一度お湯に浸しながら完全に混ぜましょう。

チョコと生クリーム

③生クリームを泡立てる

残しておいた半分の生クリームを泡立てます。使っていないボウルの1つに生クリームを、最後に残ったボウルには氷水を作ります。生クリームの入ったボウルを氷水が入ったボウルに入れて、冷やしながら混ぜると泡立ちやすいです。7分立てを目指してください。

 

④チョコレートと泡立てた生クリームを合わせる

7分立てにした生クリームをチョコレートが入ったボウルに3回に分けて徐々に加えていきます。このときは泡だて器ではなく、ゴムベラで混ぜるのがオススメです。しっかりとムラなく混ざったところで完了です。

チョコとホイップクリーム

チョコとホイップクリーム

チョコ ホイップクリーム 混ぜ

チョコムース

 

⑤冷蔵庫で冷やす

完全に混ざったチョコムースを容器に移して、冷蔵庫で冷やします。1時間程度で完全に固まるので、それまでは放置してください。

チョコムース

チョコムースが固まるとこんな感じです。

トッピングで生クリームとミントとココアパウダーをのせました。

 

まとめ

 

以前記事にした「超簡単なチョコムース」よりは生クリームを泡立てる工程があるので少し面倒ですが、クリームが入った分なめらかな口当たりになります。

ブラックチョコよりもミルクチョコ派という人は、今回紹介した「簡単な生クリーム」の方が好みかもしれません。

また、泡立てた生クリームを入れることで空気を含んでいるので、フワフワなムースです。

タイトルにもある通り簡単に、冷やす工程を抜けば15分くらいでできるので、作ってみてください。


-Cooking
-

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5