Cooking

【バレンタイン】材料4つの蒸さないチョコレートプリン(ゼラチン)


今回はバレンタインにもピッタリなチョコレートプリンのレシピを紹介します。

材料はたったの4種類で、蒸さないで作る簡単レシピです。

材料を混ぜて、ゼラチンを使って冷やし固めるだけです。

とろっとした高級感のあるプリンに仕上がります。


チョコレートプリンの材料

チョコレートプリン(ゼラチン)の材料

今回は4人分の材料です。

・板チョコレート    2枚(50g)
・牛乳         200㎖
・生クリーム      100㎖
・ゼラチン       小さじ1と1/2

板チョコレートに含まれる甘味を利用して作るので、追加の砂糖は必要ありません。

板チョコレートはブラックを用意しましょう。

生クリームがない場合は牛乳300㎖にしても大丈夫です。

牛乳+生クリームが300㎖になるように調整してください。

生クリームが多いと濃厚でもったりしたプリンになり、牛乳が多いとあっさりと食べやすいプリンになります。

チョコレートプリンのレシピ

バレンタインといえばチョコレートなので、チョコ感満載のプリンを作りました。

砂糖などの甘味料は一切加えていないので、ダイレクトにチョコレートを楽しめます。

また、甘さも控えめなので、多くの方に食べてもらえるプリンになっています。

湯煎

牛乳の湯煎

まずは牛乳と生クリームを合わせたものを湯煎します。

混ぜるときは泡立てないように、ゴムベラなどでゆっくりと混ぜる。
泡立てるとチョコレートプリンの側面に巣ができやすい。

牛乳はボウルに指を入れてみて、ちょっと熱いと感じるくらいの温度まで上げておきましょう。

チョコレートを溶かす

チョコレートを溶かす

温めたミルクに砕いたチョコレートを加えて、チョコレートが完全に溶けきるまで混ぜます。

ミルクの温度が下がってしまうとチョコレートもなかなか溶けないので、温度が下がってきたらお湯を火にかけて調節してください。

チョコレートプリン液

このくらいに混ざったら完了です。

ここにふやかしておいたゼラチンを加えます。

チョコレートプリン液が温かいうちにゼラチンを加えることで混ざりやすいです。

チョコレートプリン液をこす

チョコレートプリン液をこす

全ての材料を混ぜ合わせたチョコレートプリン液をこします。

このひと工程をやっておくと、溶けきらなかったチョコレートの欠片やゼラチンの塊を取り除くことができ、なめらかで美味しいチョコレートプリンになります。

写真のように計量カップに茶こしを組合せると最後にカップに注ぎやすいのでオススメです。

大体全体の体積が400㎖なので500㎖以上の計量カップであれば大丈夫です。

冷やし固める

チョコレートプリンを冷やし固める

計量カップの注ぎ口を利用して、プリンの容器に注ぎます。

容器にはラップをかけて、冷蔵庫で冷やし固めます。

今回のゼラチンの量は固まるか固まらないかのギリギリの量なので、固まるまでに時間がかかります。

最低でも6時間は冷蔵庫で放置しておきましょう。

この間できるだけ冷蔵庫の開閉は控えて、冷蔵庫内の温度が上がるのを防ぎましょう。

チョコレートプリンの完成

チョコレートプリンの完成

とろっとしたチョコレートプリンの断面

固まったらチョコレートプリンの完成です。

この上にココアパウダーや生クリームをトッピングしても可愛いと思います。

シンプルな見た目なので、自分なりのトッピングをするのがオススメです。

 

バレンタイン向きのチョコレートを使った他のスイーツのレシピも貼っておくので、参考にしてみてください。

材料はチョコとお湯の2つだけ!「超簡単なチョコムース」の作り方

カナダの定番お土産、two-bite browniesを完全再現レシピ

まとめ

今回はゼラチンで冷やして作るチョコレートプリンのレシピを紹介しました。

蒸す工程がないだけでとても簡単に作れちゃいます。

チョコレートを使ったスイーツなので、バレンタインにピッタリです。

しかもすっごく短時間で簡単にできるので、お菓子作り初心者の方にも挑戦してみてほしいです。


-Cooking
-, , , ,

© 2022 AN’s Diary Powered by AFFINGER5