Cooking

【お菓子作り】簡単で短時間「甘さ控えめしっとりスコーン」の作り方


 

紅茶のお供といえば「スコーン」

スコーンは材料も少なく作り方もとっても簡単で、短時間でできるお菓子です。

自分で作ると、甘さや水分量を調節して好みのスコーンを作ることができます。

今回は甘さ控えめ水分量が多めのしっとりしたスコーンのレシピです。

甘さ控えめなので、ハチミツを載せたり、ジャムを載せたりして甘さを付け加えてもよし。

クラッカーのように、チーズやスモークサーモンのような塩辛いものを載せても相性バッチリで、パン代わりにもなる優れものです!!

スコーン 焼き上がり

完成はこんな感じです。

スコーン作りは、生地を伸ばしたり、型抜き作業もあるので、お子さんと一緒に作っても楽しいと思います。

 


「甘さ控えめしっとりスコーン」の道具

 

必要な道具は、

・包丁
・ボウル
・ゴムベラ
・めん棒
・型抜き
・ラップ
・クッキングペーパー

です。

比較的どの家庭にもある道具だと思います。

型抜きがない方は、包丁でカットしても大丈夫です。

包丁で切ると、スタバ風の三角のスコーンができるのでオシャレになりますよ♪

 

「甘さ控えめしっとりスコーン」の材料

 

・薄力粉・・・・・・・・・200g
・グラニュー糖・・・・・・小さじ1
・ベーキングパウダー・・・10g
・塩・・・・・・・・・・・小さじ2分の1
・無塩バター・・・・・・・50g
・牛乳・・・・・・・・・・90cc

 

※有塩バターの場合は、”有塩バター50gで塩は無し”に変更してください。

※グラニュー糖は、スコーンに甘さを加えるというよりも、保水性の向上を目的に入れています。さらに焼き上がりの表面に綺麗に焼き目が付きます

 

「甘さ控えめしっとりスコーン」の作り方

 

冒頭で述べた通り、スコーンの作り方はとってもシンプルで簡単です。

大まかには、①混ぜる②たたむ③型抜き④焼く

のたったの4工程でできちゃいます。

それではそれぞれの工程を詳しく見ていきましょう。

事前準備

最初にすべての材料を量っておきましょう。

その中でも一番最初に量ってほしいのがバターです。

50g測り取ったバターを1㎝角にカットして冷凍庫で冷やしておきましょう。

スコーン作りでは”とにかくバターを溶かさない”ことが重要なので、キンキンに冷えたバターを用意すると溶けにくくなります。

牛乳を先に測る場合も、量り取ったものは冷蔵庫で冷やしてください。

その他粉類(薄力粉・グラニュー糖・塩・ベーキングパウダー)は全てボウルの中に入れてください。

 

混ぜる

まずはボウル内の粉類をゴムベラで混ぜましょう。

スコーン 粉類

ここに冷凍庫で冷やしておいたバターを入れて、手でこすり合わせます。

バターの塊がなくなるまで、粉と擦り合わせてください。

粉チーズみたいになったところが完了の合図です。

スコーン バター追加

こんな感じで多少は塊があっても大丈夫です。

手の温度でバターが溶けてきてしまった場合は、もう一度冷蔵庫で冷やしてから作業を続けましょう。

とにかくバターを溶かさないことを意識しましょう。

続いて牛乳を加えます。

ゴムベラで混ぜるのですが、あまり混ぜすぎるとグルテンというタンパク質が形成され、粘りのあるスコーンになってしまうので、少し粉っぽさが残るところで止めましょう。

スコーン 牛乳追加

これをラップ上で薄くのばし、冷凍庫で冷やします。

スコーン 生地

早く冷やすために薄くするので、このときの厚さはあまり気にしないようにしましょう。

5-10分冷やせば十分です。

 

たたむ

 

冷凍庫で冷やした生地を、

①めん棒で伸ばす

②3つ折りする

を5回ほど繰り返します。

これを行うことで、パイのような層構造になり、スコーンの歯切れが良くなります。

このとき、ラップに生地を包んだまま行うとめん棒が汚れません。

一番最後に伸ばすときは生地の厚さが約1.5㎝になるように伸ばしてください。

スコーン 生地冷凍後

この状態でさらに5分程、冷凍庫に入れます。

型抜きがない方は、丸く生地を伸ばしておきましょう。

 

型抜き

 

型抜きの前にオーブンを180℃に予熱開始しておきましょう。

生地を冷凍庫から取り出し、型抜きしていきます。

基本的には、1回目の型抜きしたスコーンが一番綺麗にできます。

スコーン 型抜き

 

型抜きした断面はあまり触らないようにしましょう。

型抜きできなくなったら、もう一度生地を集めて伸ばして型抜きを繰り返します。

型抜きがない方は、丸い生地をピザのようにカットすればOKです。

すべて終わったら、クッキングペーパーを敷いた天板に並べましょう。

スコーン 焼く前

 

焼く

焼く前にスコーンの表面に牛乳を塗ってください。

あとは、予熱が完了したオーブンに180℃で15分焼くだけです。

焼き上がりはスコーン 焼き上がり

こんな感じになりました。

表面に牛乳を塗ると焼き目が綺麗に付きます。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

簡単に、美味しく見た目も綺麗なスコーンができます。

ちょっとしたおやつにもピッタリですし、軽いパンやクラッカーのような前菜としても使えます。

アレンジ次第で無限の食べ方ができるので、ぜひ挑戦してみてください。


-Cooking
-

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5