Travel

【シンガポール旅行】これでガーデンズ・バイ・ザ・ベイを網羅!?


 

以前、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの主要スポットを紹介したので、今回はマイナーだけどオススメしたいスポットやを紹介します。

時間に余裕がある方にはぜひ訪れてみてほしいです。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」公式サイトはこちらから

 


フローラルファンタジー

 

まずはフローラルファンタジーと呼ばれる、2019年4月にオープンしたばかりのエリアです。

花とアートとテクノロジーという3つの異なるものを融合させた芸術的な空間となっています。

さらに内部はダンス・フロート・ワルツ・ドリフトの4つのエリアで構成されており、それぞれのコンセプトがあるようです。

一言で表すと、写真映えする空間です。

どんな感じなのかはこれをみるとわかりやすいです。

詳しくはこちら
&nbsp

「FLIGHT OF THE DRAGONFLY 4D RIDE」

色鮮やかな花が建物全体に飾られていて歩いているだけでも感動しますが、中でも目玉は4Dシアターだと思います。

トンボの目線になってガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内を冒険するアトラクションです。

1回15分と短く感じるかもしれませんが、、水はかかるし、座席は動くし、花の香りはするしと、迫力満点でリアリティもあるので満足できちゃいます♪

ただし、身長100㎝未満の方や妊婦さん、車いすの方は体験できないので注意してください。

 

フローラルファンタジーの基本情報

 

営業時間9a.m.-9p.m.
最終入場時刻8p.m.
料金大人 S$20,子供 S$12
※オンライン購入可

最寄り駅のMRT Bay Front駅からも近いので足を運びやすいです。

ただ、新エリアということもあってか混雑しやすいので、比較的空いている午前中に行くことをオススメします。

 

ギフトショップ

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのギフトショップはクラウドフォレストやフラワードームのすぐ近くにあります。

中はかなり広くてお土産の種類も豊富などで一度立ち寄ってみてほしいです。

植物をモチーフにしたアクセサリーやコスメ系、食品、衣類など本当に充実しています。

その中でもおすすめの、私も実際に購入もしたお土産はポストカードです。

とにかくデザインがとっても素敵です。

私自身、海外旅行に行くと記念としてポストカードを必ず買うようにしていて、他の国はただの写真だったりすることも多いのですが、シンガポールのポストカードは本当に可愛いです!!

シンガポール ポストカード シンガポール ポストカード

 

1枚1S$くらいで低価格ですし、かさばりません。

これにメッセージを書いて送っても喜ばれると思います。

 

敷地内のオブジェたち

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ内には目玉スポットが多すぎて、あまり注目されないオブジェが実はたくさんあります。

敷地も広いので全部回るのは大変ですが、気になったものだけ見てみると結構楽しめます♪

 

浮いたでっかい赤ちゃん

これ、実際に見ると想像以上に大きいです…

後ろの木と比較するとちょっとは大きさが伝わるかなと思います。

しかも浮いているように見えるので、不思議ですよ…

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイにある赤ちゃんの像

なんのために作ったのか気になります。

ちょっと見てみたいな…と思った方!!

このオブジェ、クラウドフォレストとフラワードームの真逆の場所にあるんですよ…

なので、全部見終わって、元気が残ってたら見てあげてください。

 

立派すぎる木の椅子

この椅子、外にベンチみたいな感じで置いてあったんですけど、存在感がありすぎて全然ベンチになれてなかったです…

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの椅子

流木を使ったような椅子で、背もたれとか脚の部分も結構凝ってて可愛いです。

座る部分はまったく加工していない、木をそのまま使ったみたいな感じで座り心地は良くないです…

でも、写真を撮るにはうってつけの場所でした!!

クラウドフォレストとフラワードームの近くにあったので、比較的寄り道しやすいと思います。

 

おすすめのサービス

 

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイには旅行者だと気づきにくいですが、便利なサービスがいくつもあります。

シャトルバス

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイにシャトルバスが通っているのをご存じですか?

実はこのバス、たったのS$3で一日乗り放題なんです!!(車いすの方は無料)

このシャトルバスをうまく利用すれば、広大な土地を持つこの植物園もラクラク回り切れちゃいます。

シャトルバスの経路

ベイフロント駅(CE1)
   
スーパーツリーグローブ
   
フラワードーム&クラウドフォレスト
   
ビジターセンター

乗車の際は、〈黒い列〉・・・ベイフロント駅行き〈赤い列〉・・・ビジターセンター行き です。

バスは9:00a.m.-8:00p.m.の間、約10分ごとに周回しています。

 

その他の有料サービス

・園内マップ・・・・・・・・・・・S$1

・車いすレンタル・・・・・・・・・S$2

・ベビーカーレンタル・・・・・・・S$2

・ヘッドフォンによる音声ガイド・・S$4

 

まとめ

 

以前アップした記事と組み合わせて読めば、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは完璧です!!

定番スポットも合わせてしりたい、そんな方はぜひ一緒に読んでみてください。

「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの定番スポット」

 

 


-Travel
-

© 2021 ANet Powered by AFFINGER5